meistier

© MEISTIER ALL RIGHTS RESERVED.

News Column

ニュース&コラム

コロナ禍における半導体需要を捉えて

Jun 25. 2021 w : meistier

 

ガートナージャパンによると2020年の世界全体の半導体市場は50兆6386億円規模となり、2019年の45兆8702億円から約10%の2桁成長を遂げたとレポートされています。コロナ禍にありながら当社を取り巻く環境も僅かながら好転の兆しを見せている状況です。

 

私たちは、マイクロコントローラの開発、半導体製造装置の開発・製造、半導体製造工場の立ち上げ、そして半導体製造など多岐に渡り半導体に関わっており、多くのお客様に支えられて今日の姿があります。

 

日本では、COVID-19の第5波が懸念されており、また、諸外国に目を向けるとCOVID-19を封じ込めていた台湾が変異株の脅威にさらされるなど経済リスクを払拭できる状況にはありませんが、半導体に関わっている企業各社は、コロナ禍でも前述した需要を捉えられるように極めて重要な判断やアクションを執る局面を迎えています。半導体という投資産業に携わっている当社も微力ながら経済回復、また地域活性への貢献を果たすべく製造現場の拡張を行い、6月より工場を稼働させています。

 

7年ぶりにクリーンルームとして稼働させたFab1

 

また、次のMissionを達成すべく、更なる貢献と成長を目指し、次プランにも着手しました。

 

次プラン実行を前に関連施設を視察

ご質問・お問い合わせのある方はこちら