meistier

© MEISTIER ALL RIGHTS RESERVED.

News Column

ニュース&コラム

インターンシップでリアルな現場を体感

Apr 07. 2020 w : meistier

 

今冬1月~2月に本社と関西ブランチにてインターンシップを開催しました。
今回は1コース新設し、4コースを準備。15名の学生さんに体験していただきました。

 

1.IoTシステム開発体験        【1day   開催地:熊本+兵庫】 
2.システム企画体験           【4days  開催地:熊本】
3.メカトロニクス開発体験(NEW)   【4days  開催地:熊本】
4.IoTシステム活用現場体感        【4days  開催地:熊本】

 

夏も好評だった「IoTシステム活用現場体感コース」では“水産”דロボティクス”による新たな取り組みを具現化する現場づくりに参画して貰いました。昨年夏のフィールドは海面養殖施設でしたが、今冬は陸上養殖施設の次シーズンに向けたリアルな養殖準備も兼ねて天草のパートナー企業、国立研究機関の方々と協働。体感を終えた学生さんからは、これからの人生において貴重な経験ができたと言う嬉しい声も。

 

 

また「システム企画体験コース」では、今回新設した「メカトロニクス開発体験コース」とコラボレーションする構成を準備。水産養殖現場に設置しているシステムのミニチュア版実現をGOALとして「システム企画体験コース」では組込みソフトウェアの仕様検討~実装、「メカトロニクス開発体験コース」では機構や筐体などハードウェアの仕様検討~組立に従事して貰いました。

 

コース後半では、それぞれが設計・製作したハードウェア・ソフトウェアを持ち寄りシステム結合。各コースでは問題なく動作していたシステムも、いざ組み合わせるとトラブル続出!実際の開発現場でも往々にして生じるケースですが、学生さん同士で協力しながら試行錯誤、1つ1つ問題をクリアし、最終的にはシステムとして仕様通りに動かすことができました。これこそがシステム開発の難しさでもあり、面白さであることをシッカリ体験して貰えたのではないかと思います。

 

 

そして最終日は恒例の成果発表です。各々開発担当した領域を中心にドキドキしながらのプレゼンテーション&デモンストレーションに当社社員も興味津々。関東/関西ブランチともTV会議で接続し、多くの質問が飛び交う私達にとっても有意義な時間となりました。

 

 

今回学生さん達に開発・製作してもらったシステムは、今年度、天草市で稼働させる次世代水産養殖システム協創ラボに常設し、実際に水産事業者の皆さんとコミュニケーションする際に活用したいと考えています。学生さん達が開発・製作したシステムも実際のビジネスの現場で役立てる。そんな経験ができるのもマイスティアならでは!

 

今年の夏も”社会に出ていくための確かな準備”ができるようなインターンシップを企画中です。また多くの学生の皆さんにお逢いできることを楽しみにしています!

ご質問・お問い合わせのある方はこちら